エルコンドルパサーとは

海外種牡馬のキングマンボを父に持つ外国産馬。雪によりダートに変更された共同通信杯を含む5連勝の圧倒的パフォーマンスを見せNHKマイルC(G1)で初G1制覇を果たした。

3歳秋初戦に毎日王冠(G2)に出走しサイレンススズカ、グラスワンダーとの対決が注目されるが、サイレンススズカの2着に敗れた。次にジャパンC(G1)に出走しエアグルーヴ、スペシャルウィークに次ぐ3番人気に支持された。結果はエアグルーヴに2馬身差の圧勝を見せ世代トップクラスの能力を証明した。

4歳になると凱旋門賞(G1)を大目標に置き海外遠征に果敢に挑戦することになった。 初戦のイスパーン賞(G1)では2着に敗れるが、続くサンクルー大賞(G1)に出走し2馬身以上の圧勝を見せた。 この勝利でフランスでの評価が高まり一気に注目されることになった。 一息入れた後、凱旋門賞(G1)の前哨戦フォワ賞(G2)に出走しクビ差の辛勝ながら勝利した。 順調に駒を進め、凱旋門賞(G1)では欧州最強馬の呼び声高いモンジューとの戦いが一気に注目されることとなった。 レースでは執拗なマークにあいたくないエルコンドルパサーがハナを切りペースを作り、モンジューはそれを見ながら中団で脚をためるレース展開となった。 直線に向き手ごたえ十分にエルコンドルパサーがリードを広げるが、ゴール前で脚をためていたモンジューの強襲にあい半馬身の差で破れ日本馬による凱旋門賞(G1)制覇は夢に終わった。 その後、現役を引退し種牡馬生活に入った。

父の産駒で凱旋門賞へ行くという夢が断たれたのは日本競馬界の損失だろう。早世が惜しまれる種牡馬であった。

エルコンドルパサー産駒の特徴

競走馬名:エルコンドルパサー

血統:父キングマンボ 母サドラーズギャル(サドラーズウェルズ)

父キングマンボは、名牝ミエスクの仔でトップクラスの良血を誇る海外種牡馬。幅広い距離適正を持つ仔を送り出し産駒にキングカメハメハ、アルカセットなど場所問わずの活躍を見せる大種牡馬。

母はサドラーズウェルズ産駒のサドラーズギャル。

エルコンドルパサー代表産駒

エルコンドルパサー産駒は、 馬体に幅のある産駒を送り出し芝、ダート問わない。今後が期待されたが3世代を残し早世した。近年はブルードメアとして存在を増してきている。

種牡馬リンク

ディープインパクトアグネスタキオンジャングルポケットフジキセキクロフネブライアンズタイムダンスインザダークサクラバクシンオーキングカメハメハネオユニヴァースグラスワンダータニノギムレットシンボリクリスエスマンハッタンカフェアドマイヤベガスペシャルウィークタイキシャトルステイゴールドキングヘイローマヤノトップガンアグネスデジタルマイネルラヴマーベラスサンデーウォーエンブレムゴールドアリュール フサイチコンコルド